川東社会保険労務士事務所

営業時間 月~金9:00~18:00(祝日を除く)

人事・労務あれこれ 人事・労務あれこれ

産業保健師の活用の検討

1、企業と産業保健活動

企業には、近年のメンタルヘルス不調者の増加、高齢化による従業員の平均年齢の上昇

、長時間労働対策の必要性が増していること等を背景に、従業員の健康管理に取り組むため、

産業保健活動を効果的・効率的に進めることが求められています。

しかし、特に中小規模事業所においては、健康診断の機会の提供以外のサービスはほとんど行われていないのが現状です。

産業医の人数不足や、健康問題について対応できる人材が社内にいないといった問題もあります。

このような問題に対応するため、今、「産業保健師の活用」が注目されています。

 

2、「産業保健師」とは

保健師の最も大切な役割は、病気になる前の段階でその予兆を察知し、疾病の発生そのものを予防することです。

保健師の職種は行政保健師・学校保健師・産業保健師に分類されますが、うち「産業保健師」は、

主に民間企業や健康保険組合で産業医や衛生管理者、人事担当者とチームを組み、従業員の健康維持・改善・促進等をサポートする存在です。

 

3、産業保健師を活用するメリット

産業医も従業員の健康をサポートする存在ですが、その業務においては実際に疾病にかかった方への対応や、

面接指導等の業務が優先されがちです。

産業保健師を活用すれば、たとえばちょっとした健康に関する相談、新入社員のフォローなど、

産業医だけでは時間や費用の関係で難しかった対応も可能となります。

産業医と現場、担当者をつなぐコーディネーターとしても機能します。

 

また、産業医の選任義務のない事業場においては、産業保健師に健康管理のための各種対応を行ってもらうことで、

効果的な産業保健活動を、費用を抑えながら行うことができます。

近時は派遣スタッフとして働く産業保健師も増えています。

活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

2020年01月31日